風を考える

コースマネジメントを考える時には、風の読みが大切になってきます。

単純な例として、ショットがバンカーに入ってしまった場合を考えてみます。

アゲインストの強い状況で、打った球がバンカーに直接入ってしまったら、目玉になる可能性が高くなります。

反対にフォローであれば、比較的ライは良好になる可能性が高くなります。(アゴの近くまで転がる可能性は高くなりますが、、)

目玉になってしまうと、スピンがかけられなくなる。ライが良ければスピンはかけられる。

そんなところまで、考えられれば、グリーン周りのバンカーで入れてはいけないバンカーや、入れても良いバンカーなどが判断できるようになると思います。

目の前のショットに集中することは、もちろん大切な事ですが、ミスが出た場合の次の一打までを想像する事は、大叩きを防ぐ非常に有効な手法になると思います。