ラフでボールが浮いている

ティーショットがフェアウェイを外れ、ボールはラフに止まった。

セカンドショット地点のラフに行ってみると、ボールが綺麗に浮いていていかにも打ちやすそうに見える。

すかさず、フェアウェイウッドを取り出し、ボールを打つ。

結果はダルマ落としやテンプラになってしまった。

上記のような現象を体験した事がある方もいるのではないでしょうか?

フェアウェイでボールが浮いている状態とは違い、ラフでボールが浮いている状態は易しいとは一概に言えません。

理由はボールの下に隙間が出来て、そこにクラブヘッドが潜ってしまう可能性があるからです。

これがフェアウェイならば、ボールの下にクラブヘッドが潜ってしまうほどの隙間がありません。

ボールの浮いているラフでは、フェアウェイウッドなどフェイスの薄いクラブよりも、アイアンなどのフェイスに厚みのあるクラブの方が打ちやすいケースがあると思います。

もしくは、クラブフェイスがボールの下を通過しないように、アッパーブローにスイングするのも有効です。

その場の自分のスコアや、ショットの調子などを考えて、使用クラブを考えてみてください。