ショートアプローチのマネジメント

ショートアプローチの種類としてランニング、ピッチエンドラン、ロブショットなどがあります。スイングの仕方は別にしてそれぞれのショットへの保険の掛け方をご紹介します。

 

ランニングアプローチの場合はピッチエンドランと比べて残り距離の割にヘッドスピードが遅いのでダフると地面の状態に大きく影響を受けることになるので大きなミスになりやすい反面、元々転がそうとしているのでトップ気味に当たってもそれほど大きなミスにはなりません。

 

一方ロブショットの場合はピッチエンドランと比べて残り距離の割にヘッドスピードが速いのでトップした時は大オーバーになりひどいミスショットになってしまう反面、ダフり気味に当たる時は高さも意図通りかそれ以上に上がる上にヘッドスピードが速いこととフェースを開いて使うことに伴いダフってもそれほど距離も落ちません。またロブショットの目的は障害物を越えてボールの転がりを抑えることが目的のショットですからミスに対する恐怖などでヘッドスピードが遅くなると越えたい障害物の餌食になってしまいますのでしっかりと十分なヘッドスピードで振り切ることがとても重要です。ロブショットやバンカーショットは「勇気のショット」といわれるほどです勇気をもって振り切りましょう。

 

結論としてはランニングアプローチはトップ気味に打つ。ロブショットはダフリ気味に十分なヘッドスピードで打つことが賢明な対処法になり、保険にもなります。

 

これらもコースマネジメントの中の一部で、ミスしても結果オーライになるような工夫ができていると平均スコアが飛躍的に上がるようになると思います。