冬のゴルフ

冬のゴルフはとても難しいと思います。

霜が降りて、地面が凍っていたり、いつのまにか霜がとけて、地面が柔らかくなっていたりします。

冬のゴルフが難しいのは、厚着をして体が動きづらかったり、球が飛ばなかったりするのももちろんですが、時間帯などによるライの変化に対応するのが難しいところによるものが大きいのだと思います。

冬のゴルフでは、コースをよく観察し、無理のない攻め方をお勧めします。

朝一番のティーショットで、ティーを刺した時に、地面が硬いと感じたら、グリーンを狙うショットは、もしかしたら大きく跳ねてグリーンをオーバーしてしまう。最悪はOBまで跳ねてしまうなど用心しましょう。

冬のゴルフでは、夏場よりもディフェンス主体で組み立て、粘りのゴルフを展開できれば理想的だと思います。