苦手ホールのティショット♪

ゴルフの経験が多い人ほどどうしてもあのホールで大叩きしてしまうんだよなあ。といった苦手ホールが幾つかあるのではないかと思います。

nbsp;

苦手ホールのタイプとして自分の持ち球では攻めにくいホール、ティインググラウンドの向きや形状、傾斜によりセットアップが決まりにくいホール、ついつい攻めさせられて無理をしてしまうホール、過去の大失敗が頭によぎってしまうホール、圧迫感を感じるようなロケーションのホールなど様々ありますが、今回はティショットが苦手なホールをクローズアップしたいと思います。

nbsp;

まず、セットアップしたときに向きやすい方向が行ってはいけない位置に向いてしまうティインググラウンドと言うのがあると思います。このようなホールではスパットを決めてスパットに対してセットアップしたらターゲット方向を見ずにスパットを信じてスイング出来ると上手くいく場合があります。また、フェアウェイウッドやユーティリティなら逆に打ちやすいホールがあったりもします。

nbsp;

いずれにしても、こういう苦手ホールを攻略しようとする工夫と練習はゴルファーを育ててくれます。また、自分のゴルフのバロメータにもなってくれます。

nbsp;

苦手ホールは・・・・・・

単純に技術が足りないので上手くならなければという覚悟を決めさせてくれるかもしれません。

飛距離アップすれば攻略できるかもしれない。と、トレーニングに取り組むキッカケを与えてくれるかもしれません。

完全に諦めてボギーでもダボでもどうでもいいと開き直った心境になったら攻略できた。など心の持ちようを教えてくれるかもしれません。

守りに入りすぎて失敗したから次は攻めてみようなどコース攻略のスキルの試せる場になってくれるかもしれません。

nbsp;

このように、自分のゴルフにとっての財産が、こういう苦手ホール攻略について取り組むことで得られる事がとても多いと思います。みなさんも是非諦めず立ち向かっていって欲しいと思います。また、自分の周りのゴルフの上手な方に、苦手ホール攻略のエピソードを訪ねてみてください。プロや上級者なら必ずいくつかの面白い失敗エピソードや成功エピソードを持っているはずです。

nbsp;

((((((( ‥)ノ |EXIT|