ヤーデージ杭

ゴルフコースにはグリーン迄の残り距離を示す、ヤーデージ杭があります。ゴルフコースによって表示方法は異なり、250、200、150、100など数字で表示されていて、かつ色わけされている看板のある様なわかりやすいコースもあれば、伝統のある名門コースのように、ラフに植えられた人間の背丈程の木の種類で表示されている様なコース、フェアウェーにあるスプリンクラーヘッドに残り距離の数字が書かれているものなど様々です。

 

残りの距離を正確に図る為に、正しい測定方法を知っておきましょう。

 

まずは、スタートする前にコース内にあるヤーデージ杭がグリーンのセンター迄の距離なのか、グリーンエッジ迄の距離なのかを必ず調べておきましょう。

 

今日はどうもアイアンが飛ばないな~と思っていたら、ヤーデージ杭がグリーンエッジ迄の距離だったなんて事を経験された方も多いと思います。つまらないミスを防ぐ為にも確実にスタート前の確認をお薦めします。ちなみにプロの試合ではフェアウェーにグリーン迄の残りの距離が分かるポイントが打ってありますが、グリーンエッジまでの距離です。

 

ヤーデージ杭は右サイドと左サイドの両方にある場合が多く、2グリーンのゴルフ場の場合、右のグリーンを使用している場合は右にあるヤーデージ杭で距離を測定しましょう。左グリーン使用の場合は左のヤーデージ杭で調べましょう。

 

ワングリーンのゴルフ場では、右のヤーデージ杭と左のヤーデージ杭を結んだ中間地点からの距離を基準にしましょう。ドッグレッグのホールなどは右サイドからと左サイドからでは残り距離に大きな違いが出やすいので特に気をつけましょう。