グリップを微妙に変える

ゴルフコースでは、右だけは避ける、左だけは避けるという技術があれば、スコアメイクにとってこれほど武器になるものはありません。

 

皆さん色々な方法で、右を避けたり左を避けたりという事を試みていると思いますが、代表的な例で考えると、軌道を変えるか、クラブフェースの向きで調整するかという所でしょうか?

 

しかし、ゴルフコースで自分のスイングを変える事は、易しい事ではないと思います。という事で私のお薦めはスイングを変えずにグリップの握り具合で調整する事です。簡単に言うといつもの握りより僅かに開いて握ったり、閉じて握ったりする事です。この事によりインパクトのクラブフェースの向きが開いて当たりやすくなったり、閉じて当たりやすくなったりする事を狙います。

 

例えばピンがグリーンの右端ギリギリに立っているとします。この状況でグリーンの右側に外すとアプローチの難易度は上がる可能性が高いでしょう。という事は、ミスしても球を左に飛ばしたい訳ですが、この状況では、私の場合はグリップの握り方は通常よりも、フック気味にします。反対にピンが左端に立っていたら、通常よりもウィーク気味に握ります。そうする事で右や左を避けるようにしています。

 

この事はアイアンショットに限らず、ドライバーショットでも使えるでしょう。普段の練習場から、グリップの握りを微妙に変えて、ショットにどのような変化が起こるか把握しておくと良いでしょう。