女子プロの使用するサンドウェッジは軽すぎる?

国内ツアーの男女のスタッツを比較してみていたら、男女の特徴は、

男子と比べて女子はパーオン率が高くサンドセーブ率が低い傾向にありました。

 

男子のパーオン率は70%以上が8人に対して、女子は70%以上が22人、

 
サンドセーブ率はセーブ率50%以上の人数が男子50人に対して、女子は8人。
そしておおよそ男子が1ラウンドに1.5回バンカーに入れるのですが、女子は1ラウンドに1回未満となっています。

 

ということは、男子のほうがバンカーを気にせずピンを狙うことが多く、バンカーが苦手な女子のほうがバンカーを避け安全にグリーンをヒットする作戦をとることが多いようです。

 

バンカーは力業的な要素もあるのと、女子の使用するサンドウェッジが軽いことも影響していると思われます。

 

女子プロのほうがクラブの軽量化が進んでいますが、サンドウェッジはもう少し重いものを使うようにしてもいいのかもしれません。

 

 

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします