クラブ選択のタイミング

ゴルフをしていると、「チョット待ってください!!」とツッコミを入れたくなるような、状況に出会

う事があります。代表的な例は、カートから降りてショットを打つ地点に向かう時に、クラブを1本

しか持っていかない人が稀にいる事です。これがティショットでドライバーを確実に使用する

ホールや、グリーンの近くになってウェッジで対応できるようなケースでは問題ありません。

ですが仮にピンまで150ヤード残っている場合に、7番アイアン1本というのはどうかな?と

私は思ってしまいます。150ヤードを7番アイアンで打つというのは、あくまで基準です。ゴルフ

は、自然の中で行うもので、屋根付きのドーム球場で行うわけではありません。打つ直前に、

アゲインストの風が強めに吹いてきた、よくよくライを確認したら、左足上がりの傾斜が強かっ

たなどの条件が発生したら、恐らくピンまでボールを飛ばす事は出来ないと思います。逆に

フォローの風が強めに吹いている、ボールの止まっている場所が浅いラフで、フライヤーになる

可能性があるなど、球が飛びすぎてしまう可能性も考えなくてはなりません。状況が多少変化

しても、対応できるようにクラブは1本ではなく、前後1本ずつ、計3本位を持ってボール地点に

向かいましょう。ゴルフの上手な方は、カートに乗っている時に使用クラブを決めるのではなく、

ボールのある地点に着いて、ライや傾斜、風の向きと強弱などを確認するまでは、打つクラブ

は決めていないと思います。