スピンコントロール

先日一緒にラウンドさせていただいた、ベテランゴルファーの方のセカンドショットが、目の前

の木が邪魔でスタイミーになる為、右のOBの上からフックボールを打ってグリーンに乗せよ

うと試みて、2発OBを打ちました。私はしばらく様子を見ていたのですが、首をかしげているの

で、「どうかしましたか?」と尋ねてみたところ、「フックがかからないんです。」と言われました。

そこはラフで、とても球を大きく曲げれるような状態ではありませんでした。私は「フライヤーを

知っていますか?」と聞いたところ、その方は「知っています」とお答えになりました。フライヤー

はボールとクラブフェースの間に芝が入ってしまい、結果スピンがかからず、大きく飛んでしまう

現象です。言い換えれば球も曲がりずらいという事になります。フェアウェーからはインテンショ

ナルショットが打てても、ラフからはスピンコントロールは難しい事を知っていただけた出来事

でした。このラウンドでは、このホールで大叩きしたベテランゴルファーの方は、最後まで調子

は戻りませんでした。ゴルフではチャレンジ精神は大切ですが、無謀と紙一重とも言えるかもし

れません。守るべき所は守るを大切にして下さい。(^J^)