中級者のコースマネジメント第一歩

 
プロゴルファーは、ショットの弾道をイメージするとそのためのスイングが思い浮かび、スイングをイメージするとその弾道が思い浮かぶようになっています。

一流の選手は、弾道をイメージするだけで体が勝手に動いてその通りの弾道のショットを放ちます。

 

このように、スイングと弾道が頭の中で結びつき、イメージと実際の動きが結びついた状態がショットの完成形といえます。

 

初心者の領域を抜けて、ショット時にフェースでボールを捉えられるようになったら、コースで必要なショットを覚えていく必要があります。

 

例えば、左右のトラブルを回避するショットです。

これは、弾道というよりは右に行く打ち方と左に行く打ち方を自分なりに出来るようにすることです。

 

アドレスでフェースを目標に向けて構え、インパクト時にアドレス時よりもフェースが必ず右、必ず左に向けて当てることができるようにすることです。

 

障害物が特にない状況では、自分の最も確率の良いスイングをして、そのときに右にミスすることが多いならば、右に障害物がある状況で必ず左に飛ぶ打ち方をできれば、必ず障害物を避けることができます。

 

左に障害物があるときでも油断をせず必ず右に飛ぶ打ち方でその状況を乗り切りましょう。

 

このときの打ち方で綺麗な弾道にならなくてもいいですし、決めた方向にばらつくならそれでも構いません。

 

このようなインテンショナルショットとは少し違います

 

もっとショットが上達していけば弾道や精度は上がっていくでしょう。

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。