9ホールの1人当たりのプレー時間は15分?

 
2019年より、ゴルフの大幅なルール改訂がなされます。

 
規則1は、ゲーム、プレーヤーの行動、規則となっています。

規則1-2の中に、他の人への思いやりを示すこと-例えば速やかなペースでプレーする、他の人の安全に気を配る、別のプレーヤーの気を散らさないこと。

という一文があります。

 

他のプレーヤーに気を配り、安全に配慮しつつ、速やかなプレーをすることを、R&A、USGAは期待し、その助けになるようなルール改正となります。
 

昔から、9ホールを2時間でプレーすることが基準とされてきました。

 
ルールでは、最低1プレー40秒以内で終了させるべきであるとされ、本来はそれより早くプレーが完了できるはずである。

 
といった、文章も入っています。

 

1プレー40秒でプレーすれば、2時間以内でプレーできるのでしょうか?

 

不動産賃貸業の広告では、徒歩1分は80m(約87.5ヤード)とされています。

 

毎分80メートルは時速4.8kmで、女性がハイヒールのサンダルを履いて歩く時の平均的な速度だそうです。

 

徒歩でプレーして5000ヤード歩いたとしたら、毎分80メートルで歩くと約57分かかります。

 
4人がパープレーの36で回って全ショット40秒かかると、96分と合わせて2時間33分でタイムオーバーです。

 
そこで、少し頑張って毎秒90m(98.4ヤード)時速5.4kmで歩き、毎ショット1番目の人が40秒、続く3人が20秒でプレーしたとしたら、

5000ヤードを51分で歩き、プレー時間は60分、1時間51分でクリアとなります。

 

ロストボールの捜索時間が5分から3分に短縮されたので、3回ロストボールすると、僅かにタイムオーバーとなります。

 

プレー時間が60分だと、一人あたりの9ホールのプレー時間は15分、54ストロークで回ったとしたら、1打あたり16秒で打たなければなりません。

歩くのがゆっくりだと、さらに短縮しなければなりません。

 

これはいけませんね

 
ゴルフはプレーのタイムトライアルではありませんが、プレーの先を読み、移動を速やかにする他、時間短縮のの工夫をして、ゆったりとプレーを楽しみましょう。

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。