濡れた芝生からのアイアンショット

 
梅雨の時期のゴルフは天気に恵まれても芝生が濡れていることが多いと思います。

 
このよう状況でのアイアンショットは普段よりも少しだけボールの位置を左にして、芝を打たずにボールだけを打つようなショットが適しています。

 
セットアップはクロスバンカーのようにわずかにソールを浮かして構えておくと地面を叩きにくくなるのでいいと思います。

 
実際、濡れたフェアウェイからのアイアンショットは、クロスバンカーからボールだけを打つのと同じように打ってもいいと思います。

 

結果的にターフを取らないで打つようなショットで、普段よりもダウンブローの度合いが小さくなり、高めの弾道のショットでキャリーで距離を稼ぐようなプレーになります。

 

また、弾道調整機能の付いたドライバーなら、少しロフトを増やすのも有効です。
 
特に雨が降っている中でのプレーのときは効果が高いと思います。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。

 

you tubeにレッスン動画をアップしています。     ⇒レッスン動画はこちら