クラブを替えるときはセット全体も考慮しましょう

 
米ツアーで活躍中の松山英樹選手、怪我から復帰するも成績が振るいません。

松山選手に何かあったんでしょうか?

 
復帰後松山選手はドライバーをチェンジしました。

 
このドライバーは重心角が小さく、そのためにスピン量が少なくなり、飛距離アップが期待できるのですが、フェースが返りにくくなり右に飛びやすくなります。

 
実際復帰後はドライビングディスタンスの数字がアップしています。
 
ドライバーを変えた直後は右への大きなミスが増えたように思いましたが、そこはすぐに修正されたのでしょう。

 

ドライバーを以前より捕まえに行くようにしたことが予想され、そのためにショートアイアンが引っ掛かり気味になっているようで、このことで絶好のバーディチャンスが減ったのではないかと思います。

 
同時にパッティングも少し不調のようで、今回の成績の低迷につながっているのではないでしょうか?

 
それほど深刻な問題を抱えているのではないと思いますので、パッティングさえ決まり始めればまた近いうちに優勝争いを見せてくれると思います。
 
ここまではあくまでも私の想像ですので、あしからず。

 

ということで、クラブを1本変えると、その1本が最高と思っても、クラブセッティング全体のバランスが崩れることがあり、スイングに悪影響を及ぼすことも考えられます。

クラブを替えるときはできるだけセット全体とのバランスを考えて変えるようにしてほしいと思います。

 

 
GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はこちら
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551
レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。
 

you tubeにレッスン動画をアップしています。

⇒レッスン動画はこちら