ショットに必要な心構え

ゴルフのショットはボールとクラブフェースが接触している間に起きたことがボールの打出しを決めていて、空気の状況、地面の状況が球が止まる位置を決めます。

 

空気の状況や地面の状況は想像するしかありません。

 

どのようにボールを打ち出すか?までが技術的にやれることで、空気の状況や地面の状況を読みボールの弾み方転がり方、止まり方は想像してボールが止まる位置をコントロールするのがショットです。

 

この想像したことと、実際のインパクトのギャップが小さいほどゴルフが上手ということになります。

 

初心者は打球のイメージよりもボールとフェースが当たること、中級者はフェースが左右に向かないようにすること、上級者はフェースの上下左右の向きまでをコントロールすること、プロはイメージ通りの打球を打つことが求められます。

 

そしてこのインパクトにつながるように自分が具体的にすることが自分が考えたりやるべき仕事です。

 

朝一のショットの不安、スコア、他人の眼など上記のことと関係ないことは排除してプレーするようにしましょう。

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生をしています。

⇒体験レッスンはこちら