冬場の低い球のすゝめ

寒くなるほど空気密度が濃くなるので、ショットしたボールは空気抵抗を強く受けます。

 

フェアウェイの芝生はボールが転がりやすくなります。

 

この中でドライバーの飛距離を伸ばすためには、夏場よりも弾道をやや低くスピン量を少なくすると寒いなりに飛距離が出せます。

 

 

ボールが空中を飛んでいる間に球が曲がると着弾するまで曲がり続けてしまいますが、低い弾道のボールは早く着弾するので着弾後はボールが曲がらないために方向性もよくなります。

 

こうしたことから冬場は低いボールを打つことにメリットが大きくなります。

 

2打目以降も芝生に浮いてないボールを打つためには低い弾道になるようなインパクトをする方がボールをミートしやすくなります。

 

グリーン周りでも低く打つ方が安全になります。

 

ということで冬場は低い弾道のボールを打つ練習の時期だと思って積極的に低いボールを打つようにすると技術の幅も拡がりますしスコアメイクにもつながります。

 

寒い間は、低いボールをコントロールするのを楽しむようにプレーしてみてはいかがでしょうか?

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら