ラフからの短いアプローチの打ち方

10ヤード前後のラフからのアプローチはライ次第ではとても易しくもなり、難しくもなります。

 

順目でボールが浮いていればとても易しいし、逆目やボールが深く沈んだライなら難易度Maxです。

 

ピンまで8yd、ボールからグリーンエッジまでが4ヤード、グリーンエッジからピンまでが4ヤード、ライはボールと地面の間が1cm、葉先から2センチほど沈んでいるといった状況だとしましょう。

 

ラフやバンカーからのアプローチは砂や芝生に負けないようにストロークする必要がありますが、この状況の様に距離が短いと飛び過ぎてしまいます。

 

そこで・・・・・・

 

フェースを開くことで芝生の抵抗が減り、ヘッドスピードを出しても飛び過ぎることが無くなります。

 

さらに、ヘッドをインパクトで止めるようにすることで強くボールを打っても飛び過ぎなくなります。

 

ボールを止める必要がなくても、こうしてロブショットを打って行くことが出来ればラフに負けないアプローチとなります。