ボールを見る

ボールをよく見て打ちなさい。

 

と、どんなゴルファーも1度は言われた事があるのではないでしょうか?

 

この教えは野球のバッティングやテニスでボールをよく見て打つこととは若干ニュアンスが異なります。

 

野球やテニスでは動いているボールを打つわけですからボールを見ていないと何処を振っていいかわからないので間違いなく重要な教えとなります。

 

ゴルフは止まっているボールを打つわけですから目をつむっていても当てる事はできます。

 

ゴルフの場合の頭を残せはボールと自分との位置関係をキープために目で見て確認しましょうという意味だと理解しておくといいと思います。