セットアップの腕の位置

インパクトで左腕が身体から遠く右腕が身体に近いとフェースが右に向きやすく、左腕が近く右腕が遠いと左に向きやすくなります。

 

アドレスでは左腕が近すぎるとインパクトでは身体から離れやすいために球が右に飛びやすく遠すぎるとその逆になります。

 

打球がターゲットより右に行きやすい人はアドレス時の腕のポジションを現状よりも左腕が身体から離れて右腕が近くなるような構えに変えると改善が見られるかもしれません。

 

目安としてはターゲットラインの後方から見た時に両腕がターゲットラインと平行に並んでいるように見えるくらいになっているのが1つの基準と考えるといいと思います。

 

この場合、左脇は脇だけが身体についていて、右は肘近くまで身体についている状態になります。

 

プロや上級者の持ち球がスライス系の人は左腕が身体から近く、ドロー系の人は遠い傾向があります。これは、あくまで傾向ですから必ずしもそうではありません。

 

グリップは決まった腕の位置で自然な向きで握れていればいいと思います。

 

スライスやフックが止まらないというような人は参考にしてみてください。