ビハインド・ザ・ボール

ヘッド・ビハインド・ザ・ボールという英語での教えがありますが、昔のアメリカのレッスン書を最初に和訳した人が「頭を残せ」と、和訳したと思われます。

 

本来の意味は軸をぶらさない、ソールが滑りやすいように、する為にインパクト時にアドレスよりも右に頭を残してスイングしましょう。という意味合いだと考えられます。

 

ゴルフのスイングはダウンスイングでヘッドを遅らせてそれをリリースしてフォロースルーに向かうといいのですが、この動きだと軸が垂直だと地面にヘッドが突き刺さってしまうのでインパクトで少しアドレスよりも頭を右に置くと地面をソールが滑ってくれるようになります。

 

ただし、右に残し過ぎるとアッパー軌道になってダフったりボールが上がり過ぎたりしてしまうので適度に右に残っているとクリーンにインパクトできます。

 

また、フォロースルーで頭が右にあればフォロースルーのクラブの遠心力と引き合う事が出来るので軸が安定しやすくなります。

 

これも残し過ぎると軸が右にぶれる原因になってしまうので注意が必要です。

 

しかし、アドレス時の体の位置を保とうとしてスイングすれば自然にビハインド・ザ・ボールになるはずですので、あまり気にしない方がいいと思います。