シャフト軸の回転

方向性を安定させるためには、シャフト軸の回転を抑える事が有効です。

 

 

クラブフェイスが返りすぎてしまう方は、シャフト軸が反時計周りに回転する力に拮抗できれば返り過ぎのミスは治ると思われます。

 

 

反対にクラブフェイスが開きすぎてしまう方は、シャフト軸が時計回りに回転する力に拮抗できれば開きすぎのミスは治ると思います。

 

 

昔からの練習法としてグリップを左手だけで握り、右手でクラブフェイスを持ち、右手でシャフトを回すように力をいれます。それに回されないように左手で押さえる。反対に右手だけでグリップを握り、左手でクラブフェイスを持ち上記と同じように抑えてみてください。

 

 

シャフト軸の回転を抑える事が出来ると、方向性は格段に向上すると思います。