ゴルフスイングの体の動きは回転運動です。

 

体重移動という言葉があるくらいですから左右の動きはある程度許容されますが上下のブレは大きなミスショットにつながりやすいので要注意です。

 

アドレス時の上半身はターゲットラインの後方から見た時にボール側へ傾いています。

 

この傾きが変わると上下に首の付け根が動いてしまいますのでこの傾きはヘッドが腰の高さに上がって来るまではキープしておきましょう。

 

そのためには首の付け根と尾てい骨の位置をキープする必要がありますのでこれらの位置を両方ともキープするように心がけましょう。