ミートをする

ゴルフのゲームにおいてのショットを打つ事において大事なのは、スイートスポット付近でボールをヒットする事が最優先課題で、できれば飛距離を出す事がその次になります。

 

そのためには、ヘッドの回転の中心(首の付け根)を固定すること、脇と手首の動きを抑えるように締めることが重要なポイントです。

 

首の付け根を固定するためには下半身の余分な動きを抑えて太ももと骨盤の角度を保持することで、このためにボールをよく見ろ、頭を動かすなと言われます。

 

脇と手首は器用にいろいろな方向に動いてしまうのでそれを一定させるためにスムーズにスイング出来る範囲で締めておくといいでしょう。

 

ラウンド中はこれらのポイントの中から1つか2つを選んで注意をするようにラウンドするといいと思います。

 

スイングにおいて重要な部分は常に頭に止めておきましょう。

 

理想はスイングの事は気にせずに打ちたい球筋のボールを打ちだす事に集中することですが、ボールをちゃんとミートできない事には始まりませんので、ビギナー、アベレージゴルファーはラウンドではボールを確実にミートできるように気を配るといいと思います。