再現性

ゴルフスイングでは再現性が大切だといわれます。

 

打球に関しての再現性として考えた場合にはいつも同じ球が打てれば良いという事になります。

 

いつもストレートボール。いつもスライス。いつもフック。

 

 

スライスやフックをもっと綺麗なストレート球筋にしたいと考えている方も多い

と思いますがどうでしょうか。

 

フックだけならゴルフコースの右側は怖くなくなり、スライスだけならゴルフコースの左側は怖くなくなります。

 

それをストレートボールに直そうと試みてどちらに行くか判らないという状況になってしまったら両方怖いという状況になる可能性があります。

 

持ち球がある事はとても良い事だと思います。しかし持ち球のせいでどうしても攻めずらいホールも出てくる事もあると思います。

 

そのホールでは無理のない攻め方で大叩きに気をつければその他のホールは無難にこなせるのではないでしょうか?

 

いつも同じ方向に曲がる方で、おおむね上手くラウンド出来ている方はスイング改造を試みるときに少し考えてみて欲しいと思います。