組み合わせ

スイング中のエラーは様々ありますが、1つのエラーがあるともう幾つかのミスが組み合わせでついてきてしまう事があります。

 

例えばダウンスイングまでに体が起き上がってしまう人は、そのままだとトップしてしまうので手首を縦にほどいてしまったり、アドレスが右に向きやすい人は右に飛びやすくなってしまうので手をこねたり手首を返したりしてフェースを左に向けようとする動きを無意識にしてしまったりしてしまうという事です。

 

このセットを1つずつ直そうとするとかえってミスが増えてしまい元に戻してしまう人が結構多いと思います。

 

身体が起き上がってしまう人がそれだけを直そうとすると手首が縦にほどける分だけダフるようになってしまい起き上がりが直った代わりに左肘を引いてダフリを防ごうとしがちになります。

 

こうなるとキリがないので起き上がりと手首のほどけを同時に直した方が近道になります。

 

このような組み合わせがいろいろとあるのでスイング作りの設計図をしっかりと作って自分のスイングを改善して行きましょう。