力を抜く

ゴルフをプレーするにあたって、力みと緩みが大きくショットの結果に作用します。

 

力みは必要な動きを阻害する力が入ってしまう事。

 

緩みは締めるべき関節が動いてしまうように力が抜ける事。

 

と、言い換える事が出来ます。

 

締めるべき関節は肩関節、手首、上半身の前傾角を保つ事に作用する部分、脚の向き等で、緩めるべきなのは肩甲骨周辺と股関節等が主でしょうか。

 

アマチュアの方の多くは緩めようとすると全身が緩み、締めようとすると全身が硬直してしまう方がほとんどでしょう。

 

力をどこに入れてどこを抜いて構えるかによってその後のスイングの動きが変わってしまいます。

 

とても難しい問題で、わかっているプロでも、ゲーム中の緊張で力を抜きたくても抜けない事はよくある事ですので悲観することはありませんが、股関節と骨盤の角度、肩甲骨と上腕骨の角度をキープする意識だけは持っておくといいと思います。