力を抜いて打て

自分のショットや他人のショットは今のは力んでしまったからもっと力を抜いて打とう。と、評価されることがあると思います。

 

ゴルフスイングは肩甲骨と上腕骨が固定されて肩甲骨が動くと良いスイングにつながるのですが、力んでしまったからといって、脇のしめを緩めてしまうと手打ちのスイングになってしまいますし、脇をしめようとするあまりに肩甲骨が動けなくなるような力が入ってしまうと手打ちになってしまったりします。

 

 

力を抜くべきは肩甲骨が動きやすくなるようにリラックスして、脇、手首、お腹周りは余分な動きを抑える為に力を入れましょう。

 

全身リラックス、全身硬直は良いスイングにはつながりません。

 

難しい事かもしれませんが、重要な事なので注意してみて下さい。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。