アドレスの向き

女子プロの試合では選手がセットアップをする時にキャディが飛球線後方から選手がどこを向いているか確認する光景がしばしば見られます。

 

ショットが正確になるほどセットアップの向きによるショットの方向性への影響が大きくなります。

 

それでも打ちたい方向に飛ばすために構えることはプロや上級者に限った事ではなくどんな人にとっても重要です。

 

右へ向くとするとどんな状態が右へ向く事になるのでしょうか?

 

例えば、ドライバーで練習場でマットや仕切り板等を目安にしてもいいので、自分にとっての良いアドレスの向きで立ったとします。この時にボールとつま先との距離が120センチだとしたら、つま先がボールを中心とする半径120センチの円周上を時計回りに回ると右へ向き、反時計回りに回ると左へ向く事になります。

 

これがつま先が元の位置で靴の向きだけ左や右へ動かしてもショットにはほとんど影響がありません。また、つま先がターゲットラインに対して平行移動をするとつま先とボールの距離が変わってしまいますので打ちにくくなってしまいます。

 

よく言われる両肩を結んだ線と腰、膝、つま先を結んだ線がそれぞれターゲットラインと平行になっていたとしても、ボールが左にあり過ぎると左へ、右にあり過ぎると右へ向いているのと同義となってしまいます。

 

体の向きよりも自分が先の円周上のどこにいるかをきっちり決める事とクラブを打ちたい球が出るようにセットすることがセットアップの方向どりの肝になります。