上腕の固定位置

腕の肘と肩の間を上腕といいます。

 

この上腕を腕の付け根を動かなくするように固める為に「脇をしめろ」とよく言われます。

 

腕の付け根の関節は肩関節といいます。

 

肩関節はとても自由度が高く、腕を関節の可動域内のどの方向にも動かす事が出来ます。よく言えば動かしやすい便利な関節なのですが、どの方向にも動けてしまう為にゴルフのスイングの再現性を高めるためには筋力で固めて余分な動きをしないようにしておく事で再現性が高く、胴体や脚の筋肉が発揮した力を肘から先に伝える事にもつながるのでとても重要です。

 

「脇をしめる」とは、上腕がどの方向にも動かず、肘の向きも変わらないように固定すること。と、置き換える事が出来ます。

上腕が上手く固定されるためには、自分にとって一番固定し易い位置と腕の向きがありますので、自分にとってその位置はどこなのか?探って見つけ出しておきましょう。

 

そして、その位置から動かないように固定しておいてスイングする事が出来れば、再現性が高く飛距離が出せるスイングにつながります。