スイングづくり

スイングを作り上げていく過程で、仮に両腕がスイング中極端に曲がってしまうのを矯正するとします。単純に両腕をピンと伸ばしたまま振るようにしたらショットの結果も改善したとします。

 

この時に腕をピンと伸ばしたまま振った結果何が良くなって改善したのかを分析しておきましょう。しばらくそのまま続けて行くとやり過ぎて固くなり別の症状が発生してしまう事が良くあります。

 

なぜそれをすると良かったのかを分析しておけばどの程度腕を伸ばしておけばいいとかどのくらいの力で伸ばしておけばいいか等も判るはずです。そうすればやり過ぎて悪くなる事態に陥らずに済みます。

 

スイングは色々な事がバランスよく積み重なるように出来れば良くなって行きます。極端を極端で相殺するようなスイングは早くに破綻してしまいますので注意が必要です。