ボールの位置

ドライバーのボールの位置は左かかとの前というのは、ボールの位置に対して最もポピュラーな教えです。

 

アマチュア同士でスイングチェックをしている時も「もう少し右がいいんじゃない?」とか「もっと右にした方がいいよ。」などと教え合う光景をよく目にしたりもします。

 

ボールの位置に関しては左右の位置と同時に前後も含めて考えた方がいいと思います。

 

例えばドライバーでとてもアドレスがしっくりして、ショットの調子がいい時にソールをそのまま動かさずグリップエンドをシャフトがターゲットラインと直角になるように地面に置いて、「左かかとよりボール半分内側でかかとがグリップエンドから3センチ内側」というように測っておいて、後日調子が下がった時の目安にする等してみるといいでしょう。

 

ボールの位置はチョットした姿勢の変化やティインググラウンドの傾斜等でも変わってしまいますから毎回ピッタリ測って同じ位置にしたからといって必ずしも結果が良くなるわけではありませんが、一つの目安として知っておくことは必要な事だと思います。