クラブを持つ長さ

フルスイングをするとヘッドの重心が遠心力に引っ張られてシャフトが下方向にしなってヘッドのトー寄りが下に下がるトーダウンという現象が起こります。

 

このトーダウンが起こるために、構えた時のヘッドのトー寄りのソールと地面の間に10円玉が2枚入るくらいに構えなさいという教えがあります。

 

ただし、短いアイアンほどシャフトが短く硬いのでトーダウンする度合いが小さくなります。なので、短い番手ほどトーの浮かせ方を小さくしていくべきです。

 

ショートアプローチならシャフトのしなりはほとんどないので、ソール全体が地面にあたるようにクラブを短く持つなどして対処して下さい。

 

ソール全体を地面につける為にハンドアップにするのはあまりお勧めできません。構えた時の腕とシャフトが作る角度はどの番手でも同じになるようにして下さい。

 

そうすると、地面の上から打つショットの時にソールが地面と平行になって動くように出来ると、ソールが地面や芝に引っ掛かることなくすべるようになるのでナイスショットになる可能性が高くなります。