アドレスの姿勢

アドレスではスイングが始まってから体の上下動や腕の余分な動きが抑えられるような準備をしておくとその後のスイングが簡単に済ませられるようになります。

 

具体的には脇、手首、みぞおち~骨盤、股関節はある程度力を入れて固めておきます。

 

脇と手首、股関節、お腹周りはあらゆる方向に動かせるので固めておくとかなりスイングの再現性が増します。

 

必要な動きが出来る範囲に固めておくと飛距離と方向性が両立したスイングが出来るでしょう。