地面の叩き方

アイアンはダウンブローで打てとか、フェアウェイウッドは払うように打てと言われている事が多いと思います。

 

このダウンブローを曲解して地面にアイアンのヘッドを突き刺すようにボールを上からたたいてしまう人がいます。

 

アイアンもフェアウェイウッドも基本はソールが地面をすべるように地面と接触する事で確実にボールをヒット出来るようになります。この時にソールと地面が接触している長さが長いほど確率よくナイスショットが打てます。ソールが地面の中に深く潜ってしまう当たり方になるとボールをミートすることが難しくなってしまいます。

 

ウェッジはソールが狭く、フェースとソールの角度が鋭角なので、地面に潜りやすく、フェアウェイウッドは潜りにくくなるのでアイアンはダウンブローでフェアっウェイウッドは払うように打てと言われるのだと思います。

 

しかしどちらもソールが地面を払うように打つのが基本で、その際にソールが地面と最初に接触するあたりにボール位置を設定して打つとなだらかなダウンブローのインパクトになるのでこのくらいを基本として捉えておくといいと思います。