ショットは振り切る

ナイスショットの条件にインパクトを過ぎるまではヘッドが加速し続けることがあります。

 

よくいう、「置きに行く」といわれるショットはヘッドの加速が鈍りながらフェースの向きを合わせに行くようなショットでミスショットにつながりやすくなります。

 

グリーン周りの5Yほどの短いアプローチなどで大きくバックスイングして強く振りおろしてヘッドにブレーキをかけながら打つアマチュアの方をよく見かけますが、これも同様にミスになりやすい打ち方になります。

 

特殊なケース以外はどのショットもヘッドがスムーズに加速して打つ事が出来れば、それは質の高いショットだといえます。

 

技術的なところは置いといて、ショットを打つ時はボールの先までヘッドが加速し続けるように、フォローやフィニッシュの位置をめがけて振り切る事をこころがけてほしいと思います。

 

特に、コンペのニアピンホールや、狭いホールでのショット、緊張度の高い状態でのショットほどボールに当てて終わりのスイングにしたくなりがちですが、そんな状況程フォローやフィニッシュまで振り切ることが結果的にショットの成功につながると思います。