脇のしめ

脇をしめろというアドバイスは古今東西様々なスポーツで言われています。

 

ゴルフも同様で脇にヘッドカバーやタオルを挟んで素振りをしたりボールを打ったりする練習は昔から行われてきていて今でもそんな練習をする人も多いです。

 

ただし、この脇に何かを挟んで落とさないようにスイングする事は危険な要素も含んでいます。

 

脇に何かを挟んでフルスイングをしようとしたら落とさない事が目的になってしまい、必要な動きも抑えられてかえってスイングが悪くなってしまうことがあります。

 

この練習をする場合はハーフショットかスリークウォーターショットまでにとどめておいてください。

 

脇をしめるというのは本質的にいうと肩甲骨と腕の付け根を固める事で、あばら骨と肘を固定する事ではありません。脇のしめについて一番勘違いされているのはこの点だと思います。あばら骨と肘を固定してしまうと肩甲骨が動けなくなり代わりに腰の回転や肘の曲げ伸ばしなどの無駄な動きが増えてしまうので注意が必要です。

 

脇をしめることで肩甲骨と腕が一体化して安定して強くスイングする事が出来るようになります。