肩の使い方

強肩という野球用語に代表されるように、物を遠くになげたり、重さのある棒状の物を力強く振る為には肩の使い方が重要なポイントになります。

その力を生みだす為には、筋肉の収縮が大切なポイントになります。

ゴルフにおいても、肩を回せ、肩を回せという言葉はレッスンの現場ではよく使用されますが、たとえ肩が所定の位置まで回ったとしても筋肉の収縮が伴っていなければ決して力強いスイングにはなりません。

バックスイングからトップにかけては、右肩の筋肉が縮み、左肩の筋肉は伸びます。

反対にダウンスイング以降では左肩の筋肉が縮み、右肩の筋肉が伸びます。

体の硬い方が肩を所定の位置まで回そうとしても、限界はあるでしょうし、回そうという意識が災いして最も大切な筋肉の収縮が起こせなければ本末転倒だと思います。

アドレスでは左右の肩甲骨の出っ張り具合は等しく、トップでは右の肩甲骨が出っ張り、フィニッシュでは左の肩甲骨が出っ張るようになれば理想的な筋肉の収縮を起こせているはずです。