オーバースイング

オーバースイングになってしまう方のトップの形の特徴は、ほぼ必ずと言っていいほど右肘が左肘よりも高い位置にあります。

トップでの両肘の高さで考えた場合、左肘の方が右肘よりも高い位置にあるとスイングはフラットになりますので、オーバースイングを防ぐことができると思います。