ゴルフスイングの勘違い

ゴルフのスイングにおいて「頭を残せ。」や「最後までボールを見ろ。」が代表的な物でしょうか?

 

本来の意味としてはフォロースルーで目標方向へ働くクラブの遠心力に引っ張られてしまわないように頭を目標から遠ざけるための「ヘッド・ビハインド・ザ・ボール。」との同義で、軸をブラさないためにという二つの意味が含まれているものです。

 

これを守ろうとし過ぎてフルスイングのフィニッシュでもボールのあった位置を見ていようとする方がとても多く見受けられます。

 

すると、体の動きを必要以上に抑えてしまい、そのためにフォロースルーのクラブや腕の勢いで首を痛めてしまったり、必要な体の回転を止めてしまい手打ちになってしまうというマイナス要素が増えてしまいます。

 

「最後までボールを見ろ。」はボールを打ったら飛んで行ったボールをよく見ろという解釈の方が自然でしょうか?ドライビングレンジでのフルスイングの練習時は打ったボールを視認する事で自分のスイングの結果を確認することが出来、修正が出来ます。パッティングならボールの転がりを最後まで見届ける事で返しのパットのラインを確信を持って打つ事が出来ます。

 

このように、「頭を残せ。」、「ボールを最後まで見ろ。」は、フィニッシュでは打ったボールを追いかける事も忘れてはいけません。