スイングとバランス

スイング中に体がバランスを崩してしまう瞬間があると方向性距離ともに大きくロスしてしまいます。

 

よく言う、ビハインドザボールや体重移動などはスイング中のバランスをキープするための技術とも言えます。

 

スイングを開始するとクラブや腕が回転の中心から外に向かって引っ張られます。この引っ張られる力の分だけ自分が引っ張りかえす事でバランスが保たれる事になるわけです。フォロースルーでは頭の位置がアドレスより右にあると遠心力に負けずにバランスをキープする事が出来るので結果的に正確に強くスイングする事が出来るのです。

 

頭が動く事をお悩みのアマチュアゴルファーの方は頭を止める事を意識するよりもスイング中とフィニッシュでバランスよく立っている事を目標にしてみると結果的に頭が残ったインパクトと自然な体重移動が出来るようになると思いますのでお試しください。