風に強い球

上級者やプロの球は、アベレージゴルファーの球と比べると、風の影響を受けずらい球質です。

何故かというと、アベレージゴルファーの方の多くは、正しくハンドファーストにインパクトが出来ずに、ボールに必要以上にバックスピンが入っています。簡単にいうとインパクトのロフト角が多すぎるのです。

風に強い球を打つ為の練習は、ウェッジを持って低い球(トップボールは×)を打ち、ロフトを立ててインパクトを出来るようにする事だと思います。

コツは、トップで出来た右手首の角度を保ってインパクトする事です。

風が吹くと、球が何処かにいってしまうとお悩みの方は、ウェッジを持って、低い球を練習してみてください。