タメを作る

ゴルフスイング用語で、ダウンスイングでタメがある、もしくはタメがないなどの表現がよく使われます。

上記の現象は、ビデオカメラなどを使用し自分の正面から撮影した時に、左腕とクラブに角度があるかないかを見て確認する事が一般的でしょうか?

タメを作る為に、手首をものすごく折ろうと頑張っている方がいますが、手首は90度以上は曲がらないものだと私は思っています。

タメの正体は、両手の前腕部が、時計回りにしっかりと回っているかどうか?

皆さんも実験してみてください。

実験はゴルフクラブでなくても構いません。

鉛筆やボールペンなどを右手に持ち体の正面に持ってください。

次にペン先を空に向け地面に90度の状態にして構えます。

次に右手の前腕部を時計回りに目一杯回してください。(この時に肘から肩の間の上腕部は回らないように頑張ります。)

結果、腕にねじれが生まれ、正面からみると、タメが出来ている状態に見えると思います。

タメの正体は、両腕の前腕部がしっかりと回っているかどうか? だと思います。

腕を正しくねじり、レイトヒットが出来るようになると飛距離と精度が格段に向上するはずです。