アライメントのチェック

当スクールの会員様の話しなのですが、ドライバーショットが安定しないとおっしゃる方がいました。

その方の悩みは、バックスイングで右に体が流れるスエー、フィニッシュで左足に体重がしっかり乗らない形を直したいとの事でした。

そこで、ドライバーショットのボール位置を思い切って左に置いてもらいました。

たったその事だけですが、右へのスエーは治まり、フィニッシュでも左足にしっかりと体重が乗るようになりました。

実際のボール位置は、左足かかとよりボール一個程度左なのですが、本人は左足の外に感じるとおっしゃっていました。

ボールが右側にあった為に、強く叩ける姿勢を意識した時に過剰なスエーを生んでしまったのではないか?と考察します。

ゴルフのミスの8割は、アドレスの狂いにあるという言葉をよく聞きますが、まさにその事を実感した出来事でした。

皆様も、定期的にアライメントのチェックをされてみてください。

市販のアライメントスティックを使用したり、パートナーの方に見てもらいましょう。

良いスイングは、良いアドレスから生まれるものだと改めて感じた出来事でした。