ゴルフと狩り!

私の個人的なイメージなのですが、ゴルフと狩りがとても似ていると感じます。仮に必要なのは、ライフル、ライフルを撃つ技術、獲物の追い込み方の技術、獲物に出会うまでの忍耐。

nbsp;

ゴルフスイングが狩りで言うとライフルの性能、この性能が高いほど獲物を仕留めることができる確率が高くなるでしょう。ライフルが撃つ度に的外れの方角に弾丸が飛び出していくのでは狩りになりません。もっとライフル(スイング)の性能を高める必要があります。

nbsp;

かなりの高精度のライフルを作れたとしましょう。しかしこれを的に正確に向けて引き金を弾くことができるようになる必要があります。これは目標に向かって正しくセットアップするということです。

nbsp;

これができたら、次は動く的に向かって銃弾を命中させる技術が必要です。ここまでがスイングテクニックです。

nbsp;

次に様々な獲物の持つ習性、山歩きのスキル、音を立てずに根気良く獲物を待つ自制心、獲物についていく体力など実戦では集中すべきことが山ほどあります。もし、狩りの現場でライフルを修理しながら山を歩いていたら狩りになりません。これをゴルフに置き換えるとスイングの仕方を考えながらラウンドし、構えてからも振り方を気にしながらショットしているようなものです。

nbsp;

狩りに出る前にライフルの調整は済ませ、現場では獲物に集中しましょう。そして必ずしも精度が悪いライフルでも、銃声で獲物を罠に誘導したり、獲物の逃げる方向をコントロールするなどして、自分が今持っているライフルの活かし方を学ぶのが実戦です。つまり、必ずしも素晴らしいスイングでなくてもいいスコアは出せるはずです。もちろんいいライフルを持っていたほうが成功確率が高いことは間違いありませんが・・・・・・・・。

nbsp;

いつまでもライフルをいじり続けていても狩りは覚えられません。かと言ってライフルの性能が悪すぎると狩りが成立しません。ゴルフは鉄砲職人と狩人を兼任しなければなりません。双方がバランス良く協力しあえるよう、気を付けて欲しいと思います。
div class=”entry-content”

nbsp;

((((((( ‥)ノ |EXIT|

/div
nbsp;

nbsp;

nbsp;

nbsp;