加速をイメージする

 

ゴルフスイングのアドバイスで、「フォロースルーで飛ばせ」や「素振りの音は左耳の近くで鳴らせ」という教えを受けた方は多いと思います。

 

この教えはインパクトでクラブヘッドの減速を最小限に抑える為のアドバイスだと個人的に思います。

 

私もインパクトでの減速を防ぐ方法を試しましたが、一番良かった方法は、加速音のイメージを持つ言葉を使ってスイングするという方法です。簡単にいうとアクセントを利用するのです。

 

人それぞれ、スイングのリズムやテンポは同じではないでしょうから、例え同じ言葉を使っても上手くはいかないと思います。

 

自分のタイミングでクラブを振った時に、インパクトで加速をイメージ出来る言葉を使用します。

 

私の場合は、「マルガリータ」などの言葉が上手くいきました。リーの部分で言葉が強い音になるので、その瞬間がインパクト前後に重なるようにイメージします。

 

反対に上手く行かない言葉もありました。「ブーメラン」などの言葉は、私の中では加速のイメージがバックスイングの初期になってしまいます。

 

色々な言葉で試しましたが、私の中ではラテン系の言葉などは、アクセントのタイミングとインパクトのタイミングが合いやすい言葉が多いように感じました。

 

今日から世界最高峰のゴルフトーナメントである、マスターズが始まりました。ラテン系の選手ではスペインのセルヒオ・ガルシア選手がトップタイ、同じくスペインのフェルナンデス・カスターノ選手が4位タイと好調な滑り出しです。

 

皆さんもタイミングの取りやすい言葉を研究してみるのも良いのではないでしょうか?