誤解(誤読)

レッスンなどで使われる言葉で、正しく解釈出来れば非常に為になる言葉でも、間違った解釈をするとスイングが悪くなってしまう言葉もたくさん溢れているので気をつけましょう。

 

昔から、飛距離と精度を上げる為には、ダウンスイング時のタメが重要とされています。私もタメは重要だと思いますが、このタメを誤解されて、スイングをされている方がいるような気がします。

 

特にドライバーでのテンプラや、アイアンでのザックリが多い方は危険信号です。タメを作ろうとして左腕とクラブシャフトに過度の角度を作りすぎてしまうのかもしれません。その結果クラブヘッドが高い位置からボールに当たり過ぎてしまうので、ボールを直接ヒット出来ている時は良いのですが、少しでもダフればクラブが地面に刺さります。またナイスショットでも球が低い症状に悩まされる可能性大です。タメと同様にダウンブローという言葉も過度にクラブを上から叩きつける可能性があるので気をつけましょう。

 

確かにプロゴルファー達はダウンブローのスイングをしてターフを取っていますが、ターフは皆さんが思っているより浅いと思います。ターフ跡が浅く長いのが、飛距離が出て、スピン量も適正になる軌道だと個人的には思います。タイガー・ウッズ選手も過去にターフ跡は1ドル紙幣の深さと長さが理想だと言っていた記憶があります。

 

この軌道を作る為の良い練習は、砂場での素振りが有効です。使用クラブは7番アイアン位がお薦めです。砂場であればクラブヘッドがインパクト付近でどのように動いたかを砂が教えてくれますから一目瞭然です。深く入ったり、インサイドアウトやアウトサイドインも明確になります。地味な練習ですが、効果は見込めると思います。