グリップは軽く握るか強く握るか?

グリップは小鳥を逃がさぬよう、苦しめぬよう握れ、グリップは左手の小指、薬指、中指の3本を指先が白くなるくらい握れ。

 

どちらも歴代のレジェンドが残した言葉です。

 

・・・・・・・・?

 

どっちやねん!

 

こんな正反対のアドバイスがゴルフでは多くあります。

 

 

十人十色、千差万別、スイングの正解は人の数だけ存在するともいわれます。

 

しかし、1人のゴルファーにとっての正解は1つです。

 

こんな正反対の意見で自分はどうしたらいいか迷ったら2つ試して上手くいく方を採用しましょう。

 

両方試してみて大差ない場合はどちらでもいいことですから答えは保留にするか、放っておいてもっと重要な問題に目を向けましょう。

 

何択かで迷ったら試してみて上手くいくものを採用する。

 

ゴルフを長くやっていれば必ずこんな選択を迫られることがあるでしょう。

 

誰がどうしているか?ということより、自分はこうする。

 

と考えて積み重ねていくようにすると、迷路に迷いこむことなくスイングづくりが進んでいくと思います。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。