バックスイングは難しいけどダウンスイングが大事

ゴルフスイングをするにあたって、バックスイングの始動を安定させることは少し難しいと思います。

 

ゴルフクラブはクラブの重心がシャフト軸線から離れたところにあるからです。

 

野球のバットでゴルフスイングをするときにバックスイングはさほど難しくありません。

 

例えば、地面の上に倒れているまっすぐな棒の端を指先でもう一方の端に向かって押して棒をまっすぐに押し続けるのと、

 

一方の端にひもをつけてひもを引っ張って棒をまっすぐに動かすのとでは、

 

ひもを引いた方が棒を安定して動かし続けることができると思います。

 

バックスイングはシャフト軸がクラブの重心を押し続ける動きなので、棒を指先で押すのと同じことで、安定して始動することが難しいんです。

 

棒を指先で押すときはゆっくりと押しはじめ、棒の重心をまっすぐ押し続ければ比較的安定した動きをさせられます。

 

バックスイングをするときは始動はゆっくり、勢いがついたら最後は重心にシャフトを引っ張ってもらえば安定した軌道にすることができます。

 

しかし、バックスイングに失敗してもダウンスイングでシャフトが重心を引っ張る方向が良ければいい結果になってくれます。

 

バックスイングはダウンスイングで上手く打てる態勢づくりの準備をする行為ですので、その態勢を作れそうな範囲にバックスイングできれば、

 

十分仕事をしたといえます。

 

 

もちろん良いバックスイングができた方がいいですが、バックスイングを気にしすぎてダウンスイングが上手くいかなくなっては本末転倒です。

 

なので、スイングの際の意識はダウンスイングを優先して意識するといいと思います。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。