スイングの基本とその考え方

ゴルフのスウイングはアドレス時に両肩を結んだ線と両腕でできた三角形+クラブをひと固まりにして首の付け根を中心に三角形を動かしてスイングするのが基本動作になります。

 

三角形の動きには3種類の動作があります。

 

① 振り子運動

首の付け根を支点にしたヘッドの振り子運動で、この動きに従って、肩甲骨が背骨に近づいたり離れたりする運動です。

 

② コック

左の親指の付け根あたりを支点にシャフト軸線がヘッドの重心を押す方向にヘッドを持ち上げる動作で、

左手小指の付け根がグリップエンドを押して右手の指でグリップを右肩に向かって引く動きに伴って手首が動きます。

肩の動きは①の動きが起きるとコックが自然に起こります。

 

③ ローテーション

首の付け根とコックの支点を結んだ線を軸に三角形がねじれる動きで、クルマのハンドルを回す動きに似た運動です。

肩甲骨は上下方向に動きます。

 

インパクト前の①~③の動きがフルに入った状態が最もタメが深い状態で、ここまでは①~③がどのような順番で動いてもかまいません。

 

①~③を肩甲骨の動きが伴わない状態で似た動きや形を作ることができますが、これがいわゆる手打ちということになります。

 

(←ほぼ①~③がフルになった瞬間でフォローでシャフトが水平になるかその手前あたりで三角形とクラブはアドレス時の形に戻ることで大きなヘッドの加速が起こります。)

 

①~③が上手く働く(できるだけ三角形を保持して)とスイングの仕組みが単純になり、その際に首の付け根の位置が安定していればとても再現性が高く力強いスイングになります。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。