固める強さはどのくらい?

 

 

スイングの際は手首を固める、脇を絞めるなど余分な動きを抑えるために力を使う部分があります。

 

この力はショートアプローチやパターが一番強く、一番軽いドライバーは一番弱くするとそれぞれスムースにスイングができると思います。

 

ショートアプローチはしっかりと固めて安定性を重視、飛距離を出したいドライバーはスピードを出すことに重点を置いて必要最小限の力で固めます。

 

軽いものほど力を抜いてスイングしたほうがスピードを出せます。

 

 

上手く力が抜けないときはドライバーの重量が合っていない可能性もありますし、自分の能力を超えた飛距離を期待していたり、シャフトが硬すぎる可能性もあります。

 

またグリップを握ったときにグリップが滑りそうと感じると滑らないように力が入ってしまうこともあります。

 

まめにグリップを掃除して滑らない手袋をするようにしておきましょう。

 

ということで、こうした例外もありますが飛ばしたい時ほどアドレスでは力を抜いてゆったりとスイングしてください。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします